まるで白い衣装を身にまとった貴公子のよう!?美しい《オオミズアオ》

昨年の6月、洗濯物を干そうとベランダに出た際にキレイな《オオミズアオ》を見つけ、その日はちょこちょことベランダに出て様子を見ていました。
少なくとも朝から夕方くらい(洗濯物を取り込む時間頃)まではじーっと動かずに滞在してくれていたのですが、翌朝にはその姿が消えてしまっていて、ちょっと寂しい気がしました。

家族曰く、「オオミズアオは特に珍しい蛾ではなく、結構色々なところで見ることができるんじゃない?」とのことだったのですが、私の中で《オオミズアオ》は、

サチホコママ
シンプルな色・模様だけど、思わず目が離せなくなってしまう・・まるで白い衣装を身にまとっている貴公子のように上品で美しい容姿がステキ!

という存在なので、今回紹介することにしました

実際に触ったことは無いのですが、ふわふわとしているように見える大きな触角がまた可愛らしく、個人的にはとーっても魅力的な存在です。

オオミズアオ

『学研の図鑑LIVE 昆虫』で調べたところ、《オオミズアオ》は “ヤママユガ科” ということが分かりました。
また、夏型と春型がいるんですね!
(わが家の子どもにも教えてあげよう

さて、図鑑によると《オオミズアオ》には、以下のような特徴があるそうです。

オオミズアオ  ヤママユガ科

開張:♂ 80~110mm ♀ 85~120mm
見られる時期:5月~8月
分布:北海道~九州
幼虫の食べ物:バラ科、ブナ科など
特徴など:夏型は、春型よりも黄色みが強くなります。

[出典/引用] 学研の図鑑 LIVE 昆虫

《オオミズアオ》と同じ “ヤママユガ科” の《ヤママユ》や《クスサン》、《ヨナグニサン》などもいつか見てみたいと思っているのですが・・・残念ながらまだ機会がありません

以前、子どもと一緒に森でクスサンの繭の抜け殻を拾った際、

サチホコママ
夏の終わり~秋の初めくらいに、この場所に来ればクスサンが見られるかも!?

と(抜け殻を拾っただけでも)テンションが上がってしまいました(笑)

今度は、《ヤママユ》や《クスサン》が偶然わが家のベランダに来てくれますようにー♪
田舎暮らしなので、少し期待してしまいます。

【追記】

なんと!!!

サチホコママ
今年もベランダに羽化後の《オオミズアオ》が遊びに来てくれましたーっ!
オオミズアオ2022_02

翅がなんだか湿っている感じに見えるかと思いますが、その日は朝から雨が降っていて天気がイマイチでした。
午後から少しずつ晴れ間が見えてきて、翌日もそのまま晴れの日となったので、《オオミズアオ》の翅もちゃんと乾いたのかな?と思います。

昨年同様、今年も1日目は滞在してくれていたのですが、翌日の昼には、もうその姿はありませんでした。

オオミズアオ2022_01

《オオミズアオ》の鑑賞はつかの間でしたが、とーっても嬉しかったです!
ぜひまた来年も来てくれますように♪と心の中で願っています。